読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月18日 スキップCSを終えて

どうもでぃーすけです 

先日の2月18日、スキップCSに参加しました

結果は惨敗の1-2で予選落ちでしたが、どの試合も勝つか負けるかの接戦を出来たので非常に楽しいCSになりました

 

以下レポート

使用デッキ : 4Cカイザー「刃鬼」

レシピ
f:id:dmenvy-clowns:20170220003744j:image

1戦目

相手 : 火緑モルトNEXT(ドルマゲ入)

結果 負け

最近主流のドルマゲドン入のネクス

スクランブルチェンジからのマナロックという明らかにゲームさせてくれないコンボを搭載しつつなおかつ相手のシステムクリーチャーをドルマゲドン効果で除去でき、とにかく攻めを意識したデッキタイプです

二月末からの新殿堂で恐らく現行の形はほとんど見受けられなくなると思いますが、デッキの主軸となるモルトNEXT自体フィニッシュ力が高いので今後も形を変えて環境上位にいるでしょう 

今回の試合ではスクランブルチェンジマナロックはされませんでしたが、こちらも初動ブーストから後続を引けずジリ貧のところを

モルトNEXTに繋げられバトライ閣から大量展開され、なす術なく負けました。

 

2戦目

相手:火緑モルトNEXT(ドルマゲドン入)

結果 勝ち

 

1戦目に続き同じデッキタイプでした

ですが2戦目の相手の超次元にはジュダイオウやエンドレスヘヴンが無かったので恐らくモルト覇不採用型だったのでしょう

お互い少し遅めのスタートでこちらも獅子王の大地から順調にマナを伸ばした所で

相手がマナロックを召喚し4枚のマナを止められ、返しのターンにピクシーライフの低コストムーブしか許されずターンエンド

相手はその後二体目のマナロックを展開し

また4枚のマナをロック

そして攻撃できるマナロックで攻撃し合計8枚のマナを止められこちらがジリ貧の所、トリガーで蒼龍の大地
f:id:dmenvy-clowns:20170220005503j:image

を引き当てマナゾーンから

プチョヘンザを出し、蒼龍の大地効果で殴れないマナロックとバトルし破壊

相手が攻撃できるマナロックにドルマゲドンのパワーアタッカーを付与してたのが助かりました

ここで相手がスレイヤー効果を殴れないマナロックに付与してたら負けていたかも知れません

返しのターンで攻撃後のタップされたマナロックとバトルし破壊

こちらはマナが11マナあり、プチョヘンザ効果で相手はタップインを余儀なくされ、とりあえずモルトNEXTを召喚

残りの封印を外しバトライ閣を展開しエンド

こちらは先のターンのピクシーライフでとりあえず回収していたVANを召喚することで相手のデッキタイプ上ほぼ詰みの状態に持っていくことが出来ました

その後相手は何も出来ずターンエンド

ダイハードを出して盾焼却しながらそのままトドメ

勝ち

とにかく蒼龍の大地が強かったです

やはり大地サイクルは偉大だなと思いました

 

3戦目

相手:青白サザン(ⅩⅡ入)

結果 負け

 

最近流行りのミラダンテⅩⅡ入のサザンルネッサンス

相手は横に並べるプレイでシドを展開され、こちらは自分のターンにほとんど何も出来ずに相手はどんどん横に展開

詰めのところで吸い込むをトリガーして一命を取り留めたものの

相手はミラダンテⅩⅡを出しているのでこちらは七コスト以下が召喚出来無かったが、

悠久からプチョヘンザで相手の場を一掃

これで勝てるかな?と思ったらこちらのマナが8マナしか無く、相手はⅩⅡを召喚、効果でダイヤモンドソードを唱えスピードアタッカーとなったⅩⅡでダイレクト

負け

 

とにかく不利対面でした

3戦の中で一番嫌いな対面でした

シドを出されたらこちらのムーブがほとんど制限されるのでとても辛いです

 

 

 

以下

デッキ内考察

 

枚数について

吸い込む3枚

蒼龍の大地4枚

サファリチャンネル 3枚

レインボースパーク 採用 

シノビ 採用

フェアリーシャワー不採用

 

今回使用したリストとよく見るリストの違いをザックリと考えてみました

上記のような違いがあります

まずは吸い込む4枚の理由は純粋に回収札でもあるし、トリガーしても強い

優秀な単色

最近は3枚の構築が増えていますが個人的には3枚にするならいっそ不採用にし、他のカードを搭載した型をオススメしたりします

 

蒼龍の大地

4枚入れたいです、正直

ですが早い段階で引いても腐るだけ、早い段階でトリガーしても意味なし

弱点も多いカードなのでもっと枚数切りたいですが

大量展開された時にこのカードをトリガーすることでメテオライトリュウセイを出して擬似スパーク出来るので

不採用とは言えず3枚

マナを実質手札のように使えるのでやっぱり強い

 

サファリチャンネル

2枚で充分です 

必ずしも展開したいカードでないので2枚

正直なくても勝てます

あればめっちゃ強いです

ただ妨害されやすい(返しのターンでフィールド展開など)のでチャンネルありきで考えたくありませんでした

 

レインボースパークとフェアリーシャワー

今回は不採用にしました

トリガーすることで2体止めつつドロー出来るので強いですが、

シャワーで自分の動きを強くすることを今回意識してシャワーを採用しました。

また、フェアリーシャワーは緑を持っているので初動を安定させるために、後続を繋ぐためにとても役立ったので個人的にはレインボースパークよりもフェアリーシャワー推しです

 

シノビ

枠なかったです

とても強いことに変わりはないですが

入るであろうゼロカゲやハヤブサマル、オロチは

ロージアダンテ、ⅩⅡサザンではあまり役に立たないと思ったので

今回はお願いシールドトリガーを逆転要素の重きに置きました

 

 

 

総括

 

と、まぁモブなりにまとめてみましたが

やはり多色環境で刃鬼やビッグマナで活躍するカードが増えこれまでに無い柔軟性に富んだムーヴを可能にしてくれたので

今回刃鬼を握ったのは正解だったのかなと思いました

 

新環境、新殿堂を意識してリストを組み上げたので今後もマイナーチェンジを加え、握っていこうと思いました。

駄文にお付き合い頂きありがとうございました

PS 文章の7割をうつらうつらしながら書き起こしたので矛盾があるかもなのでご指摘頂けたら今後気をつけたいと思います